第68回 薬学祭

  • HOME
  • 薬学祭について

薬学祭について

薬学祭とは

薬学祭は、名古屋市立大学薬学部田辺通キャンパスにおいて学生によって企画、運営される学祭であり、今年で68回目を迎えます。名古屋市立大学には、学部ごとに分かれた4つのキャンパスがあり、そのそれぞれに特徴ある学祭が開かれます。

薬学祭は薬学部ならではの特徴があります。製薬体験や実験体験、薬草園の見学など他の学祭では経験できないことを経験することができます。あと、もうひとつの特徴として、子供向けのイベントに力を入れています。子供の遊び場であるプレイスペースなどの子供に楽しんでもらえる企画、子供を喜ばせるゲストの招待などがあります。もちろん一般の方も楽しめる薬学祭です。毎年小さな子供から高校生、お年寄りの方までご来場いただき楽しんでもらっています。

今年度もその期待に応えるべく、毎年恒例の催し物はもちろんのこと、新しい企画のほうにも力をいれて作っていこうと考えています。

お忙しい中ではあると思いますがお時間がありましたらぜひご来場ください。学生一同心よりお待ちしています

薬学祭のテーマについて

今年の薬学祭のテーマは

飛躍 -みんなの100%-

です。

 

今年のテーマは‘飛躍’です。過去67回の薬学祭においてたくさんの方々が積み上げてくださったものをベースに私たちがさらに発展させ、今年の薬学祭を飛躍させようという想いをこめさせて頂きました。

サブタイトルについてですが、飛躍するということは大きく進展することであり、そのためにはひとりひとりが全力(100%)で薬学祭にぶつかることが必要不可欠であると考えています。そうすることが来場してくださる全ての方々の満足度100%につながる秘薬なのではないでしょうか。つまり、企画する側とお越しくださる方々双方の100%!!という思いからこのサブタイトルを掲げさせていただきました。

私たち運営部は名古屋市立大学薬学部生ならではの企画、運営を行うことで、来場してくださる全ての方々の満足度100%を目指し、実現させることを約束します。